道の駅千枚田ネットショップ

「なじみ田守米」好評につき、この秋も販売いたします!

今年の春、新型コロナウイルスの感染拡大によりお客さまが減少し、千枚田のお米が大量に余ってしまうということがありました。余ったお米がもったいないと、急遽ネットショップを開設してお米を販売したところ、全国からたくさんの方が購入してくださり、無事にお米を売り切ることができました。みなさんのあたたかいご支援、本当に感謝しております。

この秋に収穫した新米については、当初ネットで販売する予定はなかったのですが、多数の問い合わせをいただいたことから春にも販売した「なじみ田守米」のみを数量限定で販売する事にいたしました。
(千枚田のお米「絶景米」は数に限りがあるため、店頭販売のみとしています。ご了承ください)

「なじみ田守米」は道の駅千枚田ポケットパークのおにぎりに使っているコシヒカリです。(千枚田のお米は収穫量が少なく限りがあるため、おにぎりのお米はほかで穫れたものを使っています)こちらも数に限りがあり、在庫がなくなり次第終了です!新米がいちばんおいしいこの時期に、ぜひお召し上がりください!

「なじみ田守米」とは?

千枚田のある地域のことを「南志見(なじみ)」地区と呼び、そこで米作りをする地元の人たち=田守(田を守る人)とし、「なじみ田守米」のブランドは誕生しました。
千枚田の近くの里山で、地元の人たちが丁寧に育てたコシヒカリです。新米のコシヒカリは、香りが強くもちもち、瑞々しく、とってもおいしいと評判です。


新米と3種の選べる特産品セット

好評につき完売いたしました。

のとひかり(新米)1kg+特産品3種類セレクト
4,500円(税込:送料込)

潮風と陽の光たっぷり浴びた「ハザ干し米」

能登ひかりは、千枚田を守る地元の団体「愛耕会」が育てたお米です。千枚田は1枚1枚が小さいためそのほとんどを手作業で行います。刈り取った稲は、「ハザ」と呼ばれる木の棚に掛けてじっくり干します。千枚田は傾斜地のため陽当たりや風通しがよく、海からの潮風をたっぷり浴びた新米は格別です。